510日だけで利益出せます!FX初心者必見のエントリー根拠を徹底解説!

こんにちは!キムマサルです。

 

今回はトレードするなら絶対に狙いたい高勝率ポイント、ゴトー日の仲値について解説していきます!

 

ゴトー日というのは5日や10日などの5と0が付く日のことです。

月の最後だけは30日だけではなくて月末の平日がゴトー日扱いになるので31日がゴトー日になったりもします。

 

このゴトー日は為替市場において大事な日であり、他の日と違って特徴的な値動きがあって仲値に向かって円売りドル買い傾向になりやすいので、この動きに合わせてトレードするだけでかなりの利益が出せるんです。

 

ということで今回の記事ではゴトー日をどうやってトレードに活かすのか、エントリー方法やその根拠について詳しく解説していくのでぜひ最後までお読みください!

510日だけで利益出せます!FX初心者必見のエントリー根拠を徹底解説!

先ほどゴトー日とは何なのかについて簡単に話しましたが、より詳しく解説していきますね。

まずゴトー日とは1か月のうち5か0が付く日のことです。

ただし日本でその日が土日祝日だったり銀行が休みの日だったりすると前倒しになります。

 

例えば2023年の9月は10日が日曜日、30日が土曜日なので、前倒しで8日と29日がゴトー日扱いになります。

それから月の最後だけは30日ではなく、その月の最後の平日がゴトー日になります。

2023年の8月だと31日が最後の平日なので、30日ではなく31日がゴトー日扱いになるって事ですね。

 

それでこのゴトー日がトレードにどう関わるのかという話なんですが。

結論から言うと、この日は午前9時55分まで円売りドル買いの傾向が強くなり、それ以降は円買いドル売りの傾向が強くなるので、この相場の流れに乗ると勝ちやすいということです。

 

その仕組みを順に解説していきます。

まずこのゴトー日は、ほとんどの企業で決済日になっています。

雇用されている方の給料日もだいたいゴトー日のどれかになっていますよね。

 

それでこの決済日に何があるかと言うと、企業から従業員への給与の受け渡しだけでなく企業間同士のお金のやり取りも行われます。

日本企業同士はもちろん、海外企業ともやり取りが行われます。

 

例えば輸入企業なら、海外企業から商品を仕入れたらその代金を海外企業に払う必要がありますよね。

この決済時には日本円ではなく米ドルが使われます。

世界の基軸通貨は米ドルなので、アメリカ企業への決済だけではなくその他世界各国の企業への決済もほとんどの場合米ドルで行われます。

つまりゴトー日には日本の多くの輸入企業が海外企業への決済のため米ドルが必要になるということですね。

 

大抵の輸入企業は決済時に海外企業に送金するため普段からある程度の外貨を保有していますが、この際に足りない分は銀行で日本円を米ドルに変えて決済しています。

つまり円売りドル買いの傾向が強くなるということです。

この企業の動きは「実需」というもので、海外企業への決済は必要不可欠なため投機や投資と違い為替的に好条件でなくても取引が行われます。

 

また投資や投機の場合だと買われたドル円はそのうち売られますよね。

世界中のトレーダーの買いポジション数が増えれば増えるほど将来的な売り圧力も増えていきます。

 

ですが企業が決済のために買ったドル円はそのまま海外企業に渡ります。

つまり反対売買を行わないため為替市場に資金が戻ってきません。

ということは投機や投資と違って将来的な売り圧力が残らないのです。

なのでゴトー日に行われる企業と銀行間の取引は為替相場に対して影響が大きくなります。

 

また、この時企業と銀行間で交わされる日本円とドルのやりとりでは「仲値」と呼ばれる為替レートが使われることになっています。

仲値とは金融機関が外国為替取引をする際の基準となるレートのことで、銀行が現金を外貨に変更する場合は1日を通して同じレートで取引されます。

 

個人がFXトレードをする際にはリアルタイムの為替レートを使いますが、企業と銀行間の為替交換ではそうはいきませんからね。

全企業が日本円を米ドルに交換する度に銀行に問い合わせ現在のレートで取引していたら銀行側の手が回りません。

なので企業と銀行間では1日を通して決まったレートでやり取りすることになっていて、そのレートが仲値ということですね。

 

それでこの仲値というのは日本時間の午前9時55分のレートを参考に決定されます。

このとき、銀行側の立場になって考えてみましょう。

 

銀行は企業から日本円を受け取って米ドルを渡すので、レートが円安になればなるほど儲けは大きくなりますよね。

なので銀行の為替ディーラーは仲値を決める9時55分に向けて大量のドルを買ってレートを円安方向に誘導します。

そしてその日の仲値が決まってしまえば、それ以降はレートがどれだけ下がろうが仲値は変わりません。

ということは、仲値決定以降はレートが下がれば下がるほど銀行側の利益が大きくなるんです。

 

例えば仲値が140円で決定したあとにリアルタイムのレートが下落して139円になったとします。

このときに企業が日本円を米ドルに交換しにくれば、現在のレートは139円なのに割高の140円で米ドルを買ってくれますよね。

 

なので銀行の為替ディーラーは仲値が決定すると、9時55分までに買っていたドルを売り始めます。

すると相場は円高ドル安傾向になるんです。

まとめると、ゴトー日は仲値が決まる9時55分までは銀行が大量のドルを買うため円安ドル高傾向になり、9時55分以降は銀行が買っていたドルを売るため円高ドル安傾向になるということです。

 

ではこの動きをどのようにトレードで活かすのかを見ていきましょう。

 

ゴトー日の9時55分に向けて円売りドル買い傾向になりやすいという特徴をどうやってトレードに活かすか。

まず1つ目は9時ごろから押し目買いを狙うということです。

 

日によって多少の変化はありますが大体9時過ぎ辺りから買いどころを探して、相場の動きに合わせてエントリーすると勝ちやすくなります。

9時55分に近づいたら決済しないといけないので保有時間は30分から1時間弱ほどですが、ある程度の値幅は取れるので割の良いトレード手法になります。

 

ただし注意点があります。

まず、ダメだなと感じた時はすぐに損切りすること。

 

ゴトー日の仲値を狙ったトレードは毎回必ず9時55分に向けてレートが上がるというわけではなくあくまで上がる傾向があるというだけなので、安値を更新してしまったりなど損切りのサインが出たらすぐに損切りするようにしてください。

 

それから55分丁度まで待たないこと。

仲値に向けてレートが上がるということは上がり切ったところでドル売りをすれば得をするということなので、そのタイミングで輸出企業がドル売りを仕掛けてくることがあります。

なので少し早めの9時50分ごろや直近高値で利確すると安全です。

 

2つ目の活かし方は9時から9時55分までは売りエントリーはしないこと。

 

先ほど話したようにゴトー日は9時55分にかけて円売りドル買い傾向になりやすい、というのは実需の影響なので、たとえ下降トレンド中であってもこの時間帯はレートが上昇しやすいです。

買いで勝ちやすいということは売りでリスクを抱えやすい時間帯という事ですからね。

ということでゴトー日の9時から9時55分の間は売りでエントリーするのは控えるようにしてください。

 

逆に9時55分を過ぎれば銀行の為替ディーラーが買っていたドルを売り始めるので売りエントリーのしどころを探していきます。

 

それでは最後に実際のゴトー日のチャートを見ていきましょう。

分かりやすいので5分足で見ていきます。

まずは2023年の9月5日。

この日は9時5分からいい感じの押し目を作っていますね。

こういうところはチャンスなので確実に狙っていきましょう。

 

損切りは安値を更新したタイミングなので35分あたりになります。

10pipsくらいは取れますね。

 

この日は比較的早い段階で売り勢力が強くなり50分で一気にズドンと落ちているので、先ほどの注意点で話したように55分まで待たないのが正解でした。

次に9月8日を見てみましょう。

10日が日曜日なので前倒しで8日がゴトー日になります。

 

この日は完全にゴトー日の特徴から外れてますね。

9時過ぎからどんどん下がっていってます。

このようにゴトー日だからといって何も考えずに買いポジションを取っていると痛い目を見るパターンもあるので注意してください。

最後に8月30日を見てみましょう。

この日は割と特徴通りの動きを見せていますがエントリーが少し難しいですね。

 

8時頃から続く上昇の流れから9時で一瞬下がって9時5分には一気に上がっています。

上がり始めが早くて乗り遅れた時は、焦って飛び乗りエントリーをせずに今回は運が無かったなとスルーするのが無難です。

 

FXでは目先の利益を上げる事以上に無駄な損失を出さないことを優先した方が総合的に勝てるようになるので、難しい動きには乗らないようにしましょう。

まとめ

今回はゴトー日と仲値を意識したトレード方法について、仕組みから実際のトレードポイントを解説してきました。

 

ゴトー日はアノマリー的な捉え方をされることもありますが、実際はこの記事で紹介してきたような仕組みがあります。

また、アノマリーに乗っかろうとしている投資家も多いので、定説通り仲値に向かって円売りドル買いの動きになりやすくかなり勝ちやすくなっています。

 

ただしゴトー日の値動きは9時55分に向けて円売りドル買いの傾向になり、その後反転してドル売り円買いの傾向になるまでがワンセットなので、引き際を間違えると流れに飲み込まれて損失を出してしまうかもしれません。

利確、損切りのポイントには注意してくださいね。

 

なので「早速今回の手法を次のゴトー日で試してみるぞ」と思った方は、次のゴトー日では実際にエントリーするのではなく、まずは仲値付近の値動きを見るだけにしてみてください。

 

この時間帯はかなり大きくレートが動くので、まずはイメージを掴んでから実際にトレードした方が安全ですからね。

 

今回の記事も最後までお読みいただきありがとうございました!

FX初心者でも最短で日給10万円稼げる手法も、私のラインで無料配布しているのでぜひ僕とお友達なってくだされば幸いです!

 

【自己紹介】
当ブログでは『FX初心者が最短で日給10万円稼ぐ手法』をご紹介していきます。

私が普段発信しているYouTubeチャンネルでは
トレードキングダムコミュニティで使用するゴジラシステムについての実績公開や
生で視聴者さんと質疑応答するYouTubeライブもやっています!
ぜひチャンネル登録してくださるとうれしいです✨

https://www.youtube.com/@user-ko3bg2dq3z

■自己紹介
名前:『金勝(キムマサル)』
職業:元19億円運用の証券トレーダー
TKC(トレードキングダムコミュニティ)のゴジラシステム開発
年齢:40歳
趣味:ワンピースのアプリゲーム、バウンティラッシュに課金
週末は嫁と旅行✈

現在は海外を拠点に活動しながら、
プロトレーダー育成コミュニティ「トレードキングダム」の運営者

裁量トレードに必要なスキル・時間を9割カットさせて稼ぐことに特化させた
ゴジラシステム」の開発者でもある。

コロナショック以降、友達や親友から
「在宅投資でなにかできないか」
「働いても将来が不安になってきた」
「なるべく少額から稼げるビジネスはないか」
という相談をたくさんいただいていました。

大切な友人が2019年巨額詐欺に巻き込まれたことをきっかけに、
自分の力で周囲の人を助けられないかと自問自答した結果、
FXコミュニティを立ち上げることになりました。

投資をする方はノウハウ+投資の心得をしっかり身につけましょう!

詐欺にあわないためにも、
適切な考え方・手法をぜひ動画を通して身につけてくださいね。

FXで安定的な資産形成を行っていけば
年金2000万円問題はすぐに解決していけると考えています

皆さんの生活が少しでも豊かになるお手伝いをできれば幸いです🌟

 

ツイッターやってます!
(初心者も日給10万円をすぐ稼ぐための特典付🎁)
https://twitter.com/Crypto_baron88

▼【金勝】キムマサルのFX-tiktok大学はこちら:
https://www.tiktok.com/@kim.investor
(フォローお願いします!)

▼キムマサルのnoteも公開中!【ゴジラシステム運用公開!】
https://note.com/godzillafx

【金勝】キムマサルのインスタグラムはこちら:
→ https://www.instagram.com/kimmasarufx/

【金勝】キムマサルはてなブログはこちら:
→ https://kimmasaru.hatenablog.com/

FX勝ち組は全員やってます!相場を予知する㊙裏ワザ

こんにちは!キムマサルです。

 

今回は「リスクオン/リスクオフ」について解説していこうと思います。

 

「リスク」と聞くと結構危ないんじゃないかと思いますよね。

しかしこのリスクオフやリスクオンはテクニカル分析をしてトレードしている方にはとても有効的な考え方になります。

ぜひこの解説を見てご自身のトレードに生かしてみてくださいね。

FX勝ち組は全員やってます!相場を予知する㊙裏ワザ

まずはリスクオフ/リスクオンとは何かについて解説します。

そもそもこの言葉が浸透してきたのはリーマンショック以降で、投資家の相場に対する見方を表しています。

 

リスクオフは投資家が投資に消極的になっている市場の状態であり、将来的に景気が悪化することが予想され、投資家たちが投資を渋っています。

これは、昨年までの新型コロナウィルスを例とした感染症や災害、金融危機の世界的な大問題が発生した時に起こりやすいと言われています。

 

逆にリスクオンは投資家がリスクを取って、積極的にリターンを狙った投資をする市場の状態のことを言います。

投資家たちがイケイケドンドン状態にて投資している状況ですね。

景気が回復してきたときとか、あとはテロや戦争みたいな地政学的なリスクが後退した時なんかにリスクオンになります。

今回のコロナに関しても収束し始めた去年から現在にかけては相場が回復し始めています。

 

では実際にリスクオフ/リスクオンになったらどのようになるのかお話していきましょう。

 

リスクオンの状態になると金や国債、安定通貨がとても売られやすい状況になります。

そして株や新興国通貨、不安定通貨が買われやすくなります。

 

ここから考えられるのはやはりリスクをとってでも利益を出しに行くような姿勢が見えますよね。

金などの安定感のある資産から株に資金が流れやすくなります。

株は2倍3倍になる可能性を秘めているのでリターンが大きいのです。

通貨では日本円、スイスフランから高金利通貨やユーロ、ポンドなどに資金が流れやすくなると言われてましたが、最近ではアメリカの政策金利がとても上がっているので不安定通貨になり始めています。

 

では逆に投資家の財布の紐が固くなってしまうリスクオフの状態はどのような状態なのか一緒に見ていきましょう。

 

リスクオフの状態になると株や高金利通貨、ポンドやユーロなど比較的リスクの高いものが売られやすくなります。

やっぱりリスクになりそうなものは売られていきますよね。

反対に金や国債など価値が下がりにくい資産が買われやすいです。

通貨では日本円・スイスフランが比較的安全とされており、他の通貨に比べて買われやすくなります。

 

このようにリスクオンとリスクオフは対極のような存在でしたが、投資をやっている時って大概一人で、周りがどのようになっているかなんてわからないですよね。

ではどのようにリスクオンとリスクオフを見極めればいいのか考えていきましょう。

 

相場の空気感や現在リスクオン/リスクオフどちらの状況なのかを見極める方法として、VIX指数を活用するのをお勧めします。

 

日経225やダウ30などの株価や金などの値動きをみて今がリスクオン・オフだなというのが分かったりするんですが、初心者の方には少しハードルが高いですよね。

 

VIX指数はVolatility Indexの略で、シカゴオプション取引所がS&P500種指数のオプション取引の値動きをもとに算出・公表している指数です。

一般的に数値が高いほど投資家が先行きに対して不安を感じているとされます。

インターネットでも簡単に調べることができて、このように出てきます。

指数として出てきたVIXが20を越えてくると、投資家の不安が相当高まっていると判断できます。

つまりリスクオフの状態ですね。

 

リーマンショックやコロナショックの時は、80や90を越えるほど上がっていたこともあって相当なリスクオフ相場だったのですが、今は割とリスクオンの相場ではないかと思います。

 

初心者の方の見方としてはVIX指数に関しては20を基準に考えていただき、20以上であればリスクオフの相場、20以下であればリスクオンの相場なんだなという認識でトレードしていただければ問題ないです。

まとめ

今回はリスクオン/リスクオフの相場の見極め方に関する解説でした。

いかがだったでしょうか?

 

原理さえ知ってしまえばとても簡単に活用できるとても便利な指標だと思います。

単独でトレードをしている人でも他の投資家の動向を伺うことができて、それにうまく合わせることも可能ですね。

 

ぜひこのリスクオン/リスクオフを理解していただき、急な相場変動の際もうまくトレードをしていければと思います。

 

今回の記事も最後までお読みいただきありがとうございました!

FX初心者でも最短で日給10万円稼げる手法も、私のラインで無料配布しているのでぜひ僕とお友達なってくだされば幸いです!

 

【自己紹介】
当ブログでは『FX初心者が最短で日給10万円稼ぐ手法』をご紹介していきます。

私が普段発信しているYouTubeチャンネルでは
トレードキングダムコミュニティで使用するゴジラシステムについての実績公開や
生で視聴者さんと質疑応答するYouTubeライブもやっています!
ぜひチャンネル登録してくださるとうれしいです✨

https://www.youtube.com/@user-ko3bg2dq3z

■自己紹介
名前:『金勝(キムマサル)』
職業:元19億円運用の証券トレーダー
TKC(トレードキングダムコミュニティ)のゴジラシステム開発
年齢:40歳
趣味:ワンピースのアプリゲーム、バウンティラッシュに課金
週末は嫁と旅行✈

現在は海外を拠点に活動しながら、
プロトレーダー育成コミュニティ「トレードキングダム」の運営者

裁量トレードに必要なスキル・時間を9割カットさせて稼ぐことに特化させた
ゴジラシステム」の開発者でもある。

コロナショック以降、友達や親友から
「在宅投資でなにかできないか」
「働いても将来が不安になってきた」
「なるべく少額から稼げるビジネスはないか」
という相談をたくさんいただいていました。

大切な友人が2019年巨額詐欺に巻き込まれたことをきっかけに、
自分の力で周囲の人を助けられないかと自問自答した結果、
FXコミュニティを立ち上げることになりました。

投資をする方はノウハウ+投資の心得をしっかり身につけましょう!

詐欺にあわないためにも、
適切な考え方・手法をぜひ動画を通して身につけてくださいね。

FXで安定的な資産形成を行っていけば
年金2000万円問題はすぐに解決していけると考えています

皆さんの生活が少しでも豊かになるお手伝いをできれば幸いです🌟

 

ツイッターやってます!
(初心者も日給10万円をすぐ稼ぐための特典付🎁)
https://twitter.com/Crypto_baron88

▼【金勝】キムマサルのFX-tiktok大学はこちら:
https://www.tiktok.com/@kim.investor
(フォローお願いします!)

▼キムマサルのnoteも公開中!【ゴジラシステム運用公開!】
https://note.com/godzillafx

【金勝】キムマサルのインスタグラムはこちら:
→ https://www.instagram.com/kimmasarufx/

【金勝】キムマサルはてなブログはこちら:
→ https://kimmasaru.hatenablog.com/

なんで三尊ができるのか、説明できない人はFX勝てません......

こんにちは!キムマサルです。

 

FXをしていくとさまざまなチャートパターンを目にすると思いますが、「三尊」というのはご存じでしょうか。

このチャートパターンはとても有名で、多くのトレーダーがこのパターンを利用してトレードしております。

 

この三尊はとても見つけやすく、多くの利幅を獲得できるので初心者の方にはオススメの手法です!

今回はそんな三尊について解説していきたいと思います。

なんで三尊ができるのか、説明できない人はFX勝てません......

まずは三尊とはなんなのかについてお話ししていきましょう。

こちらをご覧ください。

こちらが三尊の基本となる形になります。

三尊とは株価のチャート上で一度天井をつけて、2回目に前回の天井より上で天井をつけて、その後に前回の天井より下で天井をつけた形を言います。

ちなみに三尊は仏像が3体あるように見えるので、そのような名前がつけられたらしいです。

 

「三尊」は英語だと「ヘッドアンドショルダー」と呼ばれているのですが、チャート形状が頭と両肩に見えるからなんですね。

 

三尊は上昇トレンドから下降トレンドに転換する天井圏でのみ見つけることができ、その後に大きく下落していくことが特徴になります。

また逆三尊は下降トレンドから上昇トレンドに転換していく底値圏でのみ見つけられ、その後に大きく上昇していきます。

 

では続いてはどのように三尊が形成されチャートに反映されているのかについて解説していきます。

 

まず「三尊」の成り立ちを理解するにはエリオット波動の知識を使います。

まだ「エリオット波動」を学んでいなければ、他の記事をまずチェックして学習しておくことをお勧めします。

 

エリオット波動を簡単に説明すると「相場波動は5つの上昇波と3つの下降波を基本としてひとつの周期が成り立っているとする考え方」です。

今回の「三尊」の画像で示すとこのようになります。

まずエリオット波動の「上昇3波から5波」そして「下降1波から3波」まで進むことによって「三尊」が形成されることになります。

三尊で大きな下落を狙うとなると「下降3波を狙ったトレード」となります。

 

ではここからは三尊を実際に使ってエントリーする方法について解説していきます。

「三尊」は先ほどお話しした下降3波でエントリーのタイミングが求められます。

 

まず初めのエントリーポイントはネックラインを下抜け確定で成り行きショートエントリーです。

基本的にネックラインは水平に引かれがちですが、これだとエントリータイミングが遅れたり損切りで狩られやすくなります。

この画像のように右肩上がりの斜めラインを引いてみると、エントリータイミングが早められて損切りでも狩られにくくなるのでオススメです。

あとは直近のローソク足が実体でネックラインを下抜け確定したタイミングでショートエントリーする形もいいかと思います。

 

続いてのエントリーポイントは山の頂点でショートエントリーです。

こちらは「三尊」が完成する前に「三尊の形成を予測」してエントリー箇所を想定しておく必要があります。

具体的にいうと「三尊」の3つ目の山が形成され始めている「2波の伸び始めている段階」から「3つ目の山の完成」を見越してエントリー候補を探していきます。

 

先ほど「三尊の成り立ち」について話しましたが、下降1波で2つ目の山が完成して下降2波で3つ目の山が形成され始めることになります。

またエリオット波動1波の成立条件としては「直近の高値・安値を綺麗に抜いていること」があります。

つまり三尊の場合であれば「2つ目の山の底値」が「1つ目の山の底値」よりも低くなっていることがポイントになりますね。

 

簡単にいうと右肩下がりになっている「三尊」はその後に下降3波で大きく下落する可能性が高いといえますので、この条件を満たしてさえいればその後3つ目の山を形成してから下降3波で大きく下落して「三尊」を完成させる可能性が高いと予想できます。

 

ただ「2つ目の山の底値」が「1つ目の山の底値」より高かったとしても三尊として機能する場合もあるので、他にも自分で根拠と合わせて判断していってください。

 

では最後のポイントはネックラインを抜けてリターンムーブしてサポレジ転換したらショートエントリーです。

こちらは文字通り、ネックラインを抜けてもう一度リターンムーブすることです。

ですからリターンムーブ後にネックラインがサポレジ転換したことを確認してからショートエントリーすれば、勝率をさらに上げられるようになります。

 

ここまではエントリーのポイントをお伝えしましたが、最後に実際にエントリーした後の利確位置についてお話ししましょう。

 

基本的には三尊も他の手法と同様、直近高値・直近安値のラインは利確候補となります。

ですので三尊で行くと形成される山の下の部分が利確位置になっていくと考えてもらって構いません。

まとめ

今回は三尊について徹底的に解説をしていきました。

 

使えるようになってくるととても大きく利益獲得を目指すことができる上にチャート分析もできるようになります。

チャートをインジケーターではなく、形で読み解くことができればできるほど上級者になっていき、大きな利益獲得を目指すことができます。

ぜひこの三尊を使いこなしてより上級者のトレーダーを目指していただければと思います。

 

今回の記事も最後までお読みいただきありがとうございました!

FX初心者でも最短で日給10万円稼げる手法も、私のラインで無料配布しているのでぜひ僕とお友達なってくだされば幸いです!

 

【自己紹介】
当ブログでは『FX初心者が最短で日給10万円稼ぐ手法』をご紹介していきます。

私が普段発信しているYouTubeチャンネルでは
トレードキングダムコミュニティで使用するゴジラシステムについての実績公開や
生で視聴者さんと質疑応答するYouTubeライブもやっています!
ぜひチャンネル登録してくださるとうれしいです✨

https://www.youtube.com/@user-ko3bg2dq3z

■自己紹介
名前:『金勝(キムマサル)』
職業:元19億円運用の証券トレーダー
TKC(トレードキングダムコミュニティ)のゴジラシステム開発
年齢:40歳
趣味:ワンピースのアプリゲーム、バウンティラッシュに課金
週末は嫁と旅行✈

現在は海外を拠点に活動しながら、
プロトレーダー育成コミュニティ「トレードキングダム」の運営者

裁量トレードに必要なスキル・時間を9割カットさせて稼ぐことに特化させた
ゴジラシステム」の開発者でもある。

コロナショック以降、友達や親友から
「在宅投資でなにかできないか」
「働いても将来が不安になってきた」
「なるべく少額から稼げるビジネスはないか」
という相談をたくさんいただいていました。

大切な友人が2019年巨額詐欺に巻き込まれたことをきっかけに、
自分の力で周囲の人を助けられないかと自問自答した結果、
FXコミュニティを立ち上げることになりました。

投資をする方はノウハウ+投資の心得をしっかり身につけましょう!

詐欺にあわないためにも、
適切な考え方・手法をぜひ動画を通して身につけてくださいね。

FXで安定的な資産形成を行っていけば
年金2000万円問題はすぐに解決していけると考えています

皆さんの生活が少しでも豊かになるお手伝いをできれば幸いです🌟

 

ツイッターやってます!
(初心者も日給10万円をすぐ稼ぐための特典付🎁)
https://twitter.com/Crypto_baron88

▼【金勝】キムマサルのFX-tiktok大学はこちら:
https://www.tiktok.com/@kim.investor
(フォローお願いします!)

▼キムマサルのnoteも公開中!【ゴジラシステム運用公開!】
https://note.com/godzillafx

【金勝】キムマサルのインスタグラムはこちら:
→ https://www.instagram.com/kimmasarufx/

【金勝】キムマサルはてなブログはこちら:
→ https://kimmasaru.hatenablog.com/

窓埋め理論はあてにならない!失敗する理由を教えます

こんにちは!キムマサルです。

 

今回は窓埋め理論に関して徹底的に解説していきます。

「窓埋め理論って何?どう使えばいいの?」と思う方はこの記事を読むと全てわかりますので、是非最後までお読みくださいね。

 

窓埋め理論は1週間の間に月曜のみ使えて勝率80%を越えると言われるトレード手法です。

初心者の方でも使いやすい手法になっていて、それでこのような勝率が得られたらとてもいいですよね。

 

基礎的な部分からトレードの注意点までお話ししていきますので、是非この記事を読んで勝率を上げてくださいね。

窓埋め理論はあてにならない!失敗する理由を教えます

まずは窓埋め理論とはなんなのか、そしてそのトレード方法についてお話ししていきますね。

 

「窓埋め」の窓とは、ローソク足終値と次のローソク足始値の間にできた空間のことです。

 

相場は土日お休みになります。

そのため週明けの月曜日の始値と前の週の金曜日の終値の間には幅ができることがあります。

毎週月曜日に必ずできるわけではありませんが、とても簡単に利益を取れるため多くのトレーダーが注目している重要ポイントになります。

 

なぜこのような空間が発生するかと言うと土日の間に開かれている市場があるからです。

多くの方はオセアニア、日本、ロンドン、ニューヨークなどの平日にオープンしている市場に馴染みがあるかと思いますが、中東のバーレーン市場など金曜日がお休みで土日に開いている市場もあるんですよ。

そして土日の間に市場で大きな取引が行われたり、要人発言や経済指標の発表、テロ、自然災害などの大きなファンダメンタルズの影響があったりすると、相場が大きく動き月曜日に「窓開け」が発生するような仕組みです。

 

またその窓が開くとその空間を埋めるようにチャートが動くという特徴があります。

下窓ができれば上に、上窓ができれば下に動くということですね。

このチャートの動きのことを「窓埋め」と言います。

 

その窓が月曜日埋まりに行くことからトレーダーたちは注目をしています。

簡単に利益獲得することに越したことないですからね。

開いた価格分を狙いにいく新規注文や、開いた方向にポジションを持ち越していて利確したい人の決済注文が集まるので、買いの勢力が強くなり窓を埋める方向に動いていくんですね。

窓は一種の異常事態であり、異常事態が修正されるのは相場の性質の1つです。

 

ポイントは窓単体だけをみるのではなく、窓が開くまでの流れや抵抗体などの全体の状況をみるようにしましょう。

基本としては上窓ができたときは売りでエントリー、下窓ができたときは買いでエントリーといったように逆張りで入っていくことをお勧めします。

 

ですが例えば上昇トレンド中に上窓ができた場合、窓埋め理論どおりなら下降して窓を埋めるはずですがトレンドに逆らうことになるので自信を持って買うのは難しいですよね。

このような場合は焦って買わずに窓が埋まった後に順張りでエントリーすればOKです。

 

このように窓埋め理論に関しては短期時間足と長期時間足を使ってうまくトレンドを読み解き、タイミングを見てエントリーすることが重要です。

 

では続いて窓埋め理論を使ってトレードする際の注意点についてお話ししていきましょう。

 

始めからお伝えしている通り、窓埋め理論は初心者の方でもとても簡単にトレードができる手法ですが、単純な思考だけでトレードしてしまっては初心者トレーダーのままです。

是非この点に注意しながらワンランク上のトレーダーを目指してくださいね。

 

注意点の1つ目は「窓が埋まらないことがある」です。

 

例えば土日の間に大量の買い注文が入るような要人発言があったとしたら月曜日に上窓が開いてもそのまま上昇する可能性が高いです。

窓が開いたからといって窓埋め理論に沿ってトレードするのは危険です。

必ずファンダメンタルズ要素もチェックしましょう。

もし窓が埋まらなかった場合は早めに損切りが鉄則です。

 

2つ目は「窓が開いてから朝9時までに取引をする」です。

 

9時以降には私たちが住んでいる日本市場が開きます。

その際に経済指標などの発表があることがありますよね。

すると相場は想定外の動きをすることがあります。

ポジションは早めに決済して9時以降に持ち越さないようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

初心者の方でも週明けからやりたくなってしまうような利益獲得が狙えそうですよね。

実際に窓埋め理論はとても利益獲得が目指せやすい理論の一つです。

 

しかしこれに頼ってしまうと週明けの窓が開かなかったときに利幅が狙えません。

初心者の方でもできる手法が他にもいろいろあるので、それらも同時に学んでいき、窓埋め理論はその中の一つのような認識でトレードをしていくことをお勧めします。

 

今回の記事も最後までお読みいただきありがとうございました!

FX初心者でも最短で日給10万円稼げる手法も、私のラインで無料配布しているのでぜひ僕とお友達なってくだされば幸いです!

 

【自己紹介】
当ブログでは『FX初心者が最短で日給10万円稼ぐ手法』をご紹介していきます。

私が普段発信しているYouTubeチャンネルでは
トレードキングダムコミュニティで使用するゴジラシステムについての実績公開や
生で視聴者さんと質疑応答するYouTubeライブもやっています!
ぜひチャンネル登録してくださるとうれしいです✨

https://www.youtube.com/@user-ko3bg2dq3z

■自己紹介
名前:『金勝(キムマサル)』
職業:元19億円運用の証券トレーダー
TKC(トレードキングダムコミュニティ)のゴジラシステム開発
年齢:40歳
趣味:ワンピースのアプリゲーム、バウンティラッシュに課金
週末は嫁と旅行✈

現在は海外を拠点に活動しながら、
プロトレーダー育成コミュニティ「トレードキングダム」の運営者

裁量トレードに必要なスキル・時間を9割カットさせて稼ぐことに特化させた
ゴジラシステム」の開発者でもある。

コロナショック以降、友達や親友から
「在宅投資でなにかできないか」
「働いても将来が不安になってきた」
「なるべく少額から稼げるビジネスはないか」
という相談をたくさんいただいていました。

大切な友人が2019年巨額詐欺に巻き込まれたことをきっかけに、
自分の力で周囲の人を助けられないかと自問自答した結果、
FXコミュニティを立ち上げることになりました。

投資をする方はノウハウ+投資の心得をしっかり身につけましょう!

詐欺にあわないためにも、
適切な考え方・手法をぜひ動画を通して身につけてくださいね。

FXで安定的な資産形成を行っていけば
年金2000万円問題はすぐに解決していけると考えています

皆さんの生活が少しでも豊かになるお手伝いをできれば幸いです🌟

 

ツイッターやってます!
(初心者も日給10万円をすぐ稼ぐための特典付🎁)
https://twitter.com/Crypto_baron88

▼【金勝】キムマサルのFX-tiktok大学はこちら:
https://www.tiktok.com/@kim.investor
(フォローお願いします!)

▼キムマサルのnoteも公開中!【ゴジラシステム運用公開!】
https://note.com/godzillafx

【金勝】キムマサルのインスタグラムはこちら:
→ https://www.instagram.com/kimmasarufx/

【金勝】キムマサルはてなブログはこちら:
→ https://kimmasaru.hatenablog.com/

FXの注文方法はIFO一択!6種のうちもっとも優れる理由を宇宙一わかりやすく解説!

こんにちは!キムマサルです。

 

FXの注文方法にもさまざまな種類がありますよね。

初心者の方で「どの注文方法を使えばいいんだろう?」と困っている人もいるのではないでしょうか?

 

そこで今回は6つの主な注文方法それぞれの特徴と、その中でも私が一番オススメするIFO注文について詳しく話していこうと思います!

 

IFO注文を使いこなせば損切りやチキン利食いの失敗を減らせますし、その他の注文方法についても詳しく知っておけば状況に合わせて使い分けができるようになります。

 

今後のトレードで必ず役に立つのでぜひ最後までお読みください!

FXの注文方法はIFO一択!6種のうちもっとも優れる理由を宇宙一わかりやすく解説!

FXの注文方法は全部で6種類、

・成行注文

指値注文

・逆指値注文

・IFD注文

・OCO注文

・IFO注文

があります。

 

これらの注文方法を活用することで、メンタルに左右されず損切りや利確を計画通りに実行できるようになります。

 

あなたはトレードしているなかで、

・最初は損切りラインを決めてたのに含み損が大きすぎて諦めきれず損切りできなかった

・ここで利確すると決めてたのにまだ伸びると感じて保持し続けた結果、急落してしまい少ない利益で終わってしまった

なんて経験をしたことはないですか?

 

これらのメンタル面の失敗は自分自身のレベルを上げる事で少しずつ改善できていくものなので、今すぐどうこうできる問題ではありません。

 

そこでぜひ使って欲しいのが先ほど紹介した注文方法です。

これらはエントリー前に損切りや利確ラインをセットし、ラインに達したら自動で損切り・利確の処理をしてくれます。

 

するとメンタル面の失敗が限りなく0になりますし、事前に建てたトレード計画を忠実に実行できるようになるので計画の見直しも正確になりますよね。

結果、ムダな損失を防げるだけでなく効率的にトレード技術を鍛えられるようになります。

 

ということで今回の記事では、6種類それぞれの注文方法の特徴と使い方を理解し、実際のトレードで使いこなせるようになっていきましょう!

 

まず1つ目は成行注文

 

相場の動きを見ながら現在のレートで「買いたい」もしくは「売りたい」という時に使う注文方法です。

マーケットの動きを捉えるにはとても適した注文方法ですが、注文がサーバーに届くまでにラグが発生するので自分がクリックした時の値段で注文が約定するとは限らないというデメリットがあります。

 

例えばドル円100.00円のときにクリックしたのにドル円100.10円で注文が入ることがあるということですね。

このズレは相場の動きが大きい時ほど大きくなるので注意が必要です。

 

2つ目は指値注文

設定した価格まで下がったら買い注文、または上がったら売り注文を入れる予約ができる注文方法です。

 

例えば現在ドル円140円でドル円139円まで下がったら買いたいという時に「139円で買い」という指値注文を入れておけばその価格で自動で買ってくれるということです。

決済注文のときも「141円で売り」という指値注文を入れておけばその価格で自動決済してくれます。

 

このように「現在のレートよりも安く買いたい、高く売りたい」という時に便利な注文方法です。

ただ希望価格まで到達しなかった場合は注文が入らず収益機会を失うというリスクもあります。

 

3つ目は指値注文

指値注文の逆で、設定した価格まで下がったら売り注文、または上がったら買い注文を入れる予約ができる注文方法です。

 

指値注文は主に損切り用に使われます。

 

例えばドル円141円で買ったところ現在140円まで下がってしまい、139円まで下がったら損切りしたいという時に「139円で売り」という逆指値注文を入れておけば、その価格で自動で売り決済をして損切りができます。

 

売りエントリーに対しても同様ですね。

損切りが中々できないという方は逆指値注文を使って損切り設定をしておけば失敗を減らせるかと思います。

 

また相場がレンジ内で推移している場合、新規エントリー時に逆指値注文を使うのもオススメです。

 

例えば、今ドル円が139円と141円のレンジ内で推移していて、上抜けすれば一気に伸びそうだなというときに「141円で買い」という逆指値注文を入れておいて予想通り141円を抜ければ上昇の初動を取ることができます。

 

このテクニックを使いこなせば勝率も利益額もかなり変わってくるのでぜひ覚えておいてください。

 

4つ目はIFD注文

新規の注文と、それを決済する注文をセットで出せる注文方法です。

指値注文のグレードアップ版みたいな感じですね

 

例えば、ドル円140円のときに、139円になったら買ってさらにそこから141円まで上がったら売りたいとします。

これらの新規注文と決済注文を一括で行えるのがIFD注文です。

 

また、最初の注文が約定してから2つ目の注文が発動するという形になるので、1つ目の注文が成立しなければ2つ目の注文も発動しません。

指値注文と同じくIFD注文を使うことで損切りをためらってしまう等の初歩的なミスを大幅に減らせるので、しっかりと覚えておいてください。

 

5つ目はOCO注文

利食い損切りを同時に発注する注文方法です。

2つの注文を同時に出して片方が成立した場合に、もう片方の注文が自動的に取り消されます。

 

例えばドル円140円で新規注文を入れた後に139円まで下がったら損切りという注文と、141円まで上がったら利確という注文を同時にできるということです。

 

利確注文が約定すれば損切り注文はキャンセル、損切り注文が約定すれば利確注文はキャンセルになります。

 

最後にIFO注文

これが一番オススメの注文方法です。

IFO注文はIFD注文とOCO注文を合わせたもので、新規注文と決済注文をすべて自動でできる注文方法になります。

 

例えばドル円140円の時に「139円で買う」という指値注文と、「141円で売る」という利確注文、「138円で売る」という損切り注文の3つを同時に設定できるんです。

 

もちろんOCO注文と同じく利確注文が約定されれば損切り注文はキャンセルに、損切り注文が約定されれば利確注文はキャンセルになります。

 

最初はちょっと難しそうに感じるかもしれませんが、このIFO注文が実際のトレードにおいて一番便利です。

 

例えば時間のないサラリーマンでもIFO注文を上手に使えば、エントリーから利益確定、損切りまで自動で任せられるので、チャートを見れない時間帯に相場が自分の予想と逆方向に動いても損失を限定することができます。

 

一番便利な注文方法なのでぜひ覚えておいてください。

まとめ

今回は6つの注文方法の特徴や注意点について解説してきました。

 

予めエントリー注文と決済注文を設定しておくことで、仕事などで相場をチェックできない状況であっても指定した価格でのエントリーと約定後の利益確定と損切りを自動で行ってくれるので、半自動的なトレードが可能になります。

 

またメンタルの影響で損切りができなかったというミスや、利益を伸ばせる可能性があるのにチキン利食いをしてしまったという問題の解決にも繋がると思うので、ぜひ活用してみてください。

 

上手に使って勝率を伸ばしていきましょう!

 

今回の記事も最後までお読みいただきありがとうございました!

FX初心者でも最短で日給10万円稼げる手法も、私のラインで無料配布しているのでぜひ僕とお友達なってくだされば幸いです!

 

【自己紹介】
当ブログでは『FX初心者が最短で日給10万円稼ぐ手法』をご紹介していきます。

私が普段発信しているYouTubeチャンネルでは
トレードキングダムコミュニティで使用するゴジラシステムについての実績公開や
生で視聴者さんと質疑応答するYouTubeライブもやっています!
ぜひチャンネル登録してくださるとうれしいです✨

https://www.youtube.com/@user-ko3bg2dq3z

■自己紹介
名前:『金勝(キムマサル)』
職業:元19億円運用の証券トレーダー
TKC(トレードキングダムコミュニティ)のゴジラシステム開発
年齢:40歳
趣味:ワンピースのアプリゲーム、バウンティラッシュに課金
週末は嫁と旅行✈

現在は海外を拠点に活動しながら、
プロトレーダー育成コミュニティ「トレードキングダム」の運営者

裁量トレードに必要なスキル・時間を9割カットさせて稼ぐことに特化させた
ゴジラシステム」の開発者でもある。

コロナショック以降、友達や親友から
「在宅投資でなにかできないか」
「働いても将来が不安になってきた」
「なるべく少額から稼げるビジネスはないか」
という相談をたくさんいただいていました。

大切な友人が2019年巨額詐欺に巻き込まれたことをきっかけに、
自分の力で周囲の人を助けられないかと自問自答した結果、
FXコミュニティを立ち上げることになりました。

投資をする方はノウハウ+投資の心得をしっかり身につけましょう!

詐欺にあわないためにも、
適切な考え方・手法をぜひ動画を通して身につけてくださいね。

FXで安定的な資産形成を行っていけば
年金2000万円問題はすぐに解決していけると考えています

皆さんの生活が少しでも豊かになるお手伝いをできれば幸いです🌟

 

ツイッターやってます!
(初心者も日給10万円をすぐ稼ぐための特典付🎁)
https://twitter.com/Crypto_baron88

▼【金勝】キムマサルのFX-tiktok大学はこちら:
https://www.tiktok.com/@kim.investor
(フォローお願いします!)

▼キムマサルのnoteも公開中!【ゴジラシステム運用公開!】
https://note.com/godzillafx

【金勝】キムマサルのインスタグラムはこちら:
→ https://www.instagram.com/kimmasarufx/

【金勝】キムマサルはてなブログはこちら:
→ https://kimmasaru.hatenablog.com/

【トライアングル】知らなきゃもったいない!チャートに頻出する定番パターン【三角保ち合い】

こんにちは!キムマサルです。

 

今回はレンジ相場の1つである「三角保ち合い」について解説していきます。

トライアングルとも言われていますね。

 

チャート上に良く出現する定番パターンであり、これを使ったトレードはリスクリワード比が良く勝率も高くなりやすいので、これを知っているだけでかなり大きく結果が変わってくるかと思います。

 

いま始めて三角持ち合いというワードを聞いたよという方やFXの勝率をもっと上げたい!という方はぜひ最後までお読みください。

【トライアングル】知らなきゃもったいない!チャートに頻出する定番パターン【三角保ち合い】

始めに三角保ち合いとは何なのか?というところから解説していきます。

 

三角保ち合いとは、高値と安値との距離が少しずつ狭くなり、レートが三角形の範囲内におさまるというチャートパターンで売りと買いの需要が拮抗しているときに形成されます。

 

三角保ち合いには様々な種類がありますが、その中で覚えて欲しいパターンは

・シンメトリカルトライアングル

・アセンディングトライアングル

・ディセンディングトライアングル

この3つだけです。

名前が長くてややこしいですね。

でも名前は覚えなくて大丈夫です。

形だけ覚えてください。

 

それではそれぞれの特徴をみていきましょう。

 

1つ目はシンメトリカルトライアングル

 

上値を抑えるレジスタンスラインと下値を支えるサポートラインの傾斜角度が等しく、この2本の線で形成される三角形の範囲内で値動きが起こっている状態です。

 

2つ目はアセンディングトライアングル

 

水平に伸びたレジスタンスラインと安値が切り上がっていくサポートラインで形成されるトライアングルです。

この形では安値が切り上がっている、すなわち売り圧力が減少していっているということなので上に抜ける可能性が高いです。

上位足のトレンド方向も見ながら判断する必要がありますが、押し目買いをしやすい美味しいチャートパターンになります。

 

3つ目はディセンディングトライアングル

 

これはアセンディングトライアングルの逆で、高値が切り下がっていくレジスタンスラインと水平に伸びたサポートラインから形成されます。

高値が切り下がっているということは買い圧力が減っていっているということですね。

なので形成後は下に抜けることが多いです。

 

ということで、まずは三角保ち合いとはどんなチャートパターンで、どのような種類があるのかということを確認してもらいました。

 

続いて三角保ち合いを使ったトレード手法について解説していきます。

 

始めにシンメトリカルトライアングルのトレード手法から。

 

シンメトリカルトライアングルは形成前のトレンドが継続することが多いです。

シンメトリカルトライアングルの中でもペナントというパターンはこの特徴が顕著に現れます。

ペナントとは急激な上昇もしくは下降の後からトライアングルが始まる形で、名前の通りペナントのような形になります。

急激な上昇・下降によってできたひずみの調整局面であり、調整が終わるとトレンド方向に再び動き出すことが多いので積極的に狙っていきましょう。

 

エントリーポイントについて、上位足のトレンド方向と一致する方向であれば、押し目買いのようなイメージで拾っていくと利幅が取りやすいです。

ペナントになっていないシンメトリカルトライアングルの場合も、上位足のトレンド方向に合わせて押し目買いのように拾っていくという手法でも問題ありません。

 

ですが、より安全性を重視するならトライアングルを抜けてから買うラインブレイク手法、抜けてから戻ってまた上昇を始めたポイントで買うリターンムーブ手法がオススメです。

次に利確ポイントについて。

これについては状況次第で変わるのであくまで参考として覚えておいてください。

例えば上に抜ける場合はサポートラインの平行チャネルを引き、ここに到達した時に利確できるのが一番いいです。

ですが、上に抜けた後に上昇の形が崩れてしまったということもあるので、その時はそこで一旦利確しておくという判断も大事です。

 

トライアングルの利確ポイントはあくまで目安、その時の値動きを最優先で判断してください。

 

次にアセンディングトライアングルです。

こちらもシンメトリカルトライアングルと同じく、上位足が上昇トレンド中であればサポートラインを目安に拾っていきます。

損切りは直近安値の少し下にしておくといいですね。

こうすることで多少のダマしをカバーできます。

 

利確の目安もシンメトリカルトライアングルと同じく平行チャネルを使います。

 

ディセンディングトライアングルはアセンディングトライアングルの逆の形なので、トレード手法も今紹介したものの逆になります。

まとめ

今回は頻出チャートパターン、三角保ち合いについてまとめてきました。

手法に関しても複雑なことはなく初心者の方でも扱いやすいかと思います。

 

ただダマシには要注意ですね。

どの手法にも言えることですが、必ずしも相場がその手法の予想通りに動くとは限らないので思い切って損切りすることも大切です。

 

チャンスの多いパターンなので、今回紹介したエントリーポイントと利確・損切りの目安を覚えてぜひ挑戦してみてください。

 

今回の記事も最後までお読みいただきありがとうございました!

FX初心者でも最短で日給10万円稼げる手法も、私のラインで無料配布しているのでぜひ僕とお友達なってくだされば幸いです!

 

【自己紹介】
当ブログでは『FX初心者が最短で日給10万円稼ぐ手法』をご紹介していきます。

私が普段発信しているYouTubeチャンネルでは
トレードキングダムコミュニティで使用するゴジラシステムについての実績公開や
生で視聴者さんと質疑応答するYouTubeライブもやっています!
ぜひチャンネル登録してくださるとうれしいです✨

https://www.youtube.com/@user-ko3bg2dq3z

■自己紹介
名前:『金勝(キムマサル)』
職業:元19億円運用の証券トレーダー
TKC(トレードキングダムコミュニティ)のゴジラシステム開発
年齢:40歳
趣味:ワンピースのアプリゲーム、バウンティラッシュに課金
週末は嫁と旅行✈

現在は海外を拠点に活動しながら、
プロトレーダー育成コミュニティ「トレードキングダム」の運営者

裁量トレードに必要なスキル・時間を9割カットさせて稼ぐことに特化させた
ゴジラシステム」の開発者でもある。

コロナショック以降、友達や親友から
「在宅投資でなにかできないか」
「働いても将来が不安になってきた」
「なるべく少額から稼げるビジネスはないか」
という相談をたくさんいただいていました。

大切な友人が2019年巨額詐欺に巻き込まれたことをきっかけに、
自分の力で周囲の人を助けられないかと自問自答した結果、
FXコミュニティを立ち上げることになりました。

投資をする方はノウハウ+投資の心得をしっかり身につけましょう!

詐欺にあわないためにも、
適切な考え方・手法をぜひ動画を通して身につけてくださいね。

FXで安定的な資産形成を行っていけば
年金2000万円問題はすぐに解決していけると考えています

皆さんの生活が少しでも豊かになるお手伝いをできれば幸いです🌟

 

ツイッターやってます!
(初心者も日給10万円をすぐ稼ぐための特典付🎁)
https://twitter.com/Crypto_baron88

▼【金勝】キムマサルのFX-tiktok大学はこちら:
https://www.tiktok.com/@kim.investor
(フォローお願いします!)

▼キムマサルのnoteも公開中!【ゴジラシステム運用公開!】
https://note.com/godzillafx

【金勝】キムマサルのインスタグラムはこちら:
→ https://www.instagram.com/kimmasarufx/

【金勝】キムマサルはてなブログはこちら:
→ https://kimmasaru.hatenablog.com/

【宇宙一わかりやすく解説】MACDで押し目・戻り・トレード転換を狙い撃ち!

こんにちは!キムマサルです。

 

今回はMACDというオシレーターについて徹底解説をしていきます。

MACDはRSIと並ぶほど使用者の多いオシレーターです。

RSIは上昇・下降の勢いの強弱をグラフ化したオシレーターですが、MACDはEMAを元に算出したデータをグラフ化したものです。

 

とてもテクニカルな要素が強いオシレーターであり、トレンドの方向性やエントリーをどこですれば良いかが分かりやすくなっています。

 

初心者トレーダーの方は初めのエントリー場所が難しかったり、どこがトレンドになるかの見極めが難しいと思います。

今回はそのお悩みを解決できるオシレーターMACDを紹介していきます。

【宇宙一わかりやすく解説】MACD押し目・戻り・トレード転換を狙い撃ち!

まずはMACDの仕組みや基礎的な部分をお話ししていきましょう。

 

MACDは「Moving Average Convergence Divergence」の略で、日本語に訳すと移動平均収束拡散となります。

つまり移動平均線を応用しているテクニカルな要素を含んだとても便利なオシレーターです。

具体的に言うと、2つの移動平均線を使用して買いと売りのタイミングを判断することができます。

移動平均線は一般的に使用される単純移動平均線のSMAと異なり、昨日や今日といった直近の価格の比重が重い指数平滑移動平均線というEMAを使用します。

 

実際にチャートに適用したものを見ていきましょう。

こちらがMACDを適用した画像になります。

白のヒストグラム状になっているのがMACDで、グラフになってるのがシグナル線です。

 

このMACD線を構成しているのは「12EMA-26EMA」をグラフにしていて、このMACD線の意味はしっかり頭に入れておいてください。

MACD線が0の時は12EMA-26EMA=0なので、EMAがクロスしている状態で2本のEMAの間の幅が広がればMACD線は0から離れていきます。

 

12EMAが26EMAと比べて上に行けば行くほどMACD線も上昇し、反対に12EMAが28EMAと比べて下に行けばMASD線も下降していきます。

そしてEMAの間が狭くなっていけばMACD線はどんどん0に近づいていきます。

 

シグナル線はMACD線の移動平均線です。

初期設定の9で使用しましたが、ここは変えないのがおすすめです。

 

ではここからどのようにMACDを使用してトレードをしていくのか見てきましょう。

 

MACD

MACD線とシグナル線のクロス

MACD線の向き

MACD線とゼロライン

の3つに注目してトレードをしていきます。

 

まずはMACD線とシグナル線のクロスについて解説します。

これは「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」と呼ばれるとても重要なエントリーサインなんです。

ゴールデンクロスMACD線がシグナル線を下から上に抜けるように交差するケースになっています。

デッドクロスMACD線が上から下に抜けるように交差するケースになっています。

この場合ゴールデンクロスは買いのサイン、デッドクロスは売りのサインになります。

 

先ほどのチャートから見るとここになります。

ゼロから離れれば離れるほど信頼できるとされていて、チャートを見るとエントリーをしない理由がないですね。

 

続いてはMACD線の向きです。

これはダイバージェンスの向きがわかってきます。

ダイバージェンスとは、価格の動きとテクニカル指標の動きが逆行している状態のことです。

なのでダイバージェンスが発生した時にはエントリーポイントになります。

先ほどのチャートでも起きているのが分かりますよね。

MACD線が下向きから上向きに変わったら買いサイン、上向きから下向きに変わったら買いサインになります。

 

最後はMACD線とゼロラインです。

チャートをご覧ください。

ゼロラインを基準に考えていき、MACD線がマイナスから0に抜けたら買いエントリーをして、逆にプラスから0に抜けたら売りエントリーをする方法になります。

まとめ

今回はMACDについて学んでいきました。

初心者の方でも見方さえわかればとても簡単にトレードできます。

利幅を大きく狙うことができ、更にトレンドも先取りができる優れものです。

ぜひMACDを使ってトレードをしてみてください。

 

今回の記事も最後までお読みいただきありがとうございました!

FX初心者でも最短で日給10万円稼げる手法も、私のラインで無料配布しているのでぜひ僕とお友達なってくだされば幸いです!

 

【自己紹介】
当ブログでは『FX初心者が最短で日給10万円稼ぐ手法』をご紹介していきます。

私が普段発信しているYouTubeチャンネルでは
トレードキングダムコミュニティで使用するゴジラシステムについての実績公開や
生で視聴者さんと質疑応答するYouTubeライブもやっています!
ぜひチャンネル登録してくださるとうれしいです✨

https://www.youtube.com/@user-ko3bg2dq3z

■自己紹介
名前:『金勝(キムマサル)』
職業:元19億円運用の証券トレーダー
TKC(トレードキングダムコミュニティ)のゴジラシステム開発
年齢:40歳
趣味:ワンピースのアプリゲーム、バウンティラッシュに課金
週末は嫁と旅行✈

現在は海外を拠点に活動しながら、
プロトレーダー育成コミュニティ「トレードキングダム」の運営者

裁量トレードに必要なスキル・時間を9割カットさせて稼ぐことに特化させた
ゴジラシステム」の開発者でもある。

コロナショック以降、友達や親友から
「在宅投資でなにかできないか」
「働いても将来が不安になってきた」
「なるべく少額から稼げるビジネスはないか」
という相談をたくさんいただいていました。

大切な友人が2019年巨額詐欺に巻き込まれたことをきっかけに、
自分の力で周囲の人を助けられないかと自問自答した結果、
FXコミュニティを立ち上げることになりました。

投資をする方はノウハウ+投資の心得をしっかり身につけましょう!

詐欺にあわないためにも、
適切な考え方・手法をぜひ動画を通して身につけてくださいね。

FXで安定的な資産形成を行っていけば
年金2000万円問題はすぐに解決していけると考えています

皆さんの生活が少しでも豊かになるお手伝いをできれば幸いです🌟

 

ツイッターやってます!
(初心者も日給10万円をすぐ稼ぐための特典付🎁)
https://twitter.com/Crypto_baron88

▼【金勝】キムマサルのFX-tiktok大学はこちら:
https://www.tiktok.com/@kim.investor
(フォローお願いします!)

▼キムマサルのnoteも公開中!【ゴジラシステム運用公開!】
https://note.com/godzillafx

【金勝】キムマサルのインスタグラムはこちら:
→ https://www.instagram.com/kimmasarufx/

【金勝】キムマサルはてなブログはこちら:
→ https://kimmasaru.hatenablog.com/